ヨコプリを作ろうとしたきっかけ

欠席者とか途中入学者とか体験とか

山中も,昔は100人近い大教室で授業をやってたりしたこともあるんです。今となっては,イベント系の授業でも20人ぐらい,普段の授業だと8人ぐらいが最大。そんなワタクシが少々昔話でもしてみようかと・・・。

ある程度の大人数に対して数学を教える時の状況として,大きく分けて2パターンがあります

(1)すでに一通りの学習を終えた人に向けての授業  

(2)その単元が初めて,あるいはそれに準ずる人に向けての授業

ここで語ってみたいのは(2)の状況。

高校生も色々忙しく,「部活で前回の授業を休みました~」なんていうこともしばしば起こります。もちろん,予備校の体制として欠席者に対するフォロー体制がしっかりしているところも数多くありますが,それでも生徒さんがそのフォローを受ける時間的ゆとりがなく,欠席後の授業の日を迎えてしまうことだってそれなりに多く起こるわけですね。

迷子にならないための地図・・・のようなものが必要!?

それで考えたのが,完全にわからなくてもしょうがないかもしれないけれども,今授業で行われていることが,全体の中でどういう位置を占めているのか,それがわかるような「地図」,あるいは「ツアーガイド」のようなものが作れないものか・・・,そんなようなことなんですね。

昔,作った手書きプリントが出てきたYO!

それで作ったのが,こんなプリント。ちょっとした時間で何となく全体像が掴めるように,必要最低限のことをまとめてあります。「初心者向け」ということで,厳密性に拘らずに作った記憶があります。

イラストもあり,遊び心もある。今見ると,相当サブイなぁ。
左端が切れているのはコピーミスによるもの

最低限のチェック問題アリ。生徒配布用のプリントは解答部分が空白のものだったのですが,それは散逸していて手元に残っていませんでした・・・。まぁ,簡単に作れるけどね。

今ではもちろん,データ化してあります。題して,ヨコプリ。

イラストが無くなってる!

これをベースにして動画を作る! 宣言!

今となってはあんまり使っていないんですが,数学が苦手な子には浪人生だったとしてもこっそり渡して,「早くこのレベルを卒業しな!」とか,授業テキストをやる前にまずはこれでチェックするように,とかそんな風に地味に活用しています。

ここ数年,動画教材を作ろう作ろうと思いつつも挫け続けている←イマココ

そして, この教材をベースに動画教材を作ることをここに宣言します!!

とりあえず・・・

(1)完全な初心者向けではなく,一通り学習したことのある人がざっと基本事項を復習するための動画,を。  

次なる段階が,  

(2)完全初心者向け! まずはこの動画を見て,それから教科書なり問題集なり参考書なりを見ても遅くない! って感じの動画も作りたい。  

題して,「みんなの数学」

高校生だけじゃなくて,一般の方にも役に立つものが作れたらいいなぁ~と思ってはいるが,果たしてそれだけの力量が,ワタクシ山中にあるかどうか・・・。  

このレベルまでは,まだまだ宣言はできないけど・・・。まずは精進!!

2019年度・談話室マロニエのしくみ

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です